春に花壇でがーでにんぐ

春の暖かい日差しが窓から差し込んでくると、心も身体も外へ出たくなるのではないでしょうか。
そろそろがーでにんぐをしなければと心を弾ませている人も多いことでしょう。ポカポカ陽気で風も冷たくない時は、余計にお花を植えたくて仕方なくなることでしょう。
 
まず雑草を抜いて、花壇をリフレッシュさせてあげましょう。
その時に根が残ってしまうとすぐに生えてきてしまういので、根も丁寧に取り除きましょう。
新しい花壇の場合は、土を軟らかくするためによくたがやしましょう。植え替えの度に耕すのがおススメです。
その後に腐葉土を撒きます。
腐葉土を撒いた後。全体にバラつきがないように腐葉土を撒きましょう。

そして苗の根の張るまで良く耕します。大体、移植ゴテ1つ分の深さが目安です。よく耕したら、土を平らにしてあげましょう。
花は春なので、明るいものを選んではいかがでしょうか。
思いつかない人はバーベナ、マリーゴールド、スィートアリッサム等は春らしくていいと思います。

まず全体のバランスを見ながらパックごと並べてデザインします。
それが終わったらいよいよ植える作業です。
茎を持ち、優しく抜きましょう。無理に引っ張ってはいけません。
絡んだ根を少しほぐしてあげると、根が花壇の土に早くのびていくようになります。 そして根鉢より少し大きめの穴を移植ゴテで掘りましょう。

さぁ、どんどん植えましょう。奥から植えると楽ですよ。植えた後は土を平らにします。

枯れた下葉は、そのままにしておくと病気になってしまうかもしれないので、丁寧に取り除いてあげましょう。
植え終わったら、水を葉や花にかからないように注意しながらタップリかけます。丁寧に、愛情をもってあげましょう。
これで春花壇が出来上がりました。見ていると癒されますし、心が晴れ晴れしてくると思います。

がーでにんぐは子どもを育てるのと同じです。愛情を持って丁寧に扱えば、花たちも喜んでくれると思います。
やり始めるととても楽しいので、ぜひがーでにんぐに挑戦してみてください。


ハンギングと寄せ植えでがーでにんぐ

ハンギングという言葉をご存知ですか。
がーでにんぐの技法で、壁などにバスケットを吊るして花を楽しむものです。

ハンギングはトレリスという壁を使います。
ハンギングを作るときは長く垂れ下がるような植物、もしくはボリューム感のある植物を選ぶといいでしょう。
アイビー、アイビーゼラニウム、ヘリクリサム、ツルニチニチソウ、ブラキカムなどを使うと垂れ下がる感じが、パンジー、ビオラ等を使うと丸く盛り上がりますし、ボリューム感があるのでハンギングには最適でしょう。
重量はできるだけ軽くしないと、下に落ちてしまうかもしれないので気をつけましょう。
また、ハンギングをすると土が乾燥しやすくなりますので、たまに土を触って乾きすぎていないか確認しましょう。

ベランダで花を育てるのも立派ながーでにんぐのひとつです。
プランターをおいて、園芸店で買ってきた花を配色よく植えかえてみましょう。
これを寄せ植えといいます。
寄せ植えのコツは、三角形に植え込みをすることです。
上と横から見た時に、植物が三角形に見えるように植えてあげると、カッコよく見えます。

寄せ植えはハンギングは初心者の方でも簡単にできるがーでにんぐです。
しかし、最初から意気込んで始めてしまうと失敗した時にショックが大きいので、簡単に育てられそうな花から扱ってみるのがいいでしょう。
何事も無理は禁物です。やれることから始めて、がーでにんぐを楽しんでみてください。
慣れてきたらちょっとずつステップアップして、自分の思い通りの素敵ながーでにんぐにしてください。

室内がーでにんぐ

あなたはがーでにんぐを室内でやりたいですか?それとも庭などでやりたいですか?
名前に「ガーデン」がついているのですから、本来はにわでやるものなんでしょう。
しかし、室内でがーでにんぐを行うことを好む人もいらっしゃいます。

室内でがーでにんぐを行う理由は、すぐに眺めることができるし、部屋の中で世話をできる気軽さがあるようです。
あまり大きいものはできないかもしれませんが、ほとんどの植物は大丈夫でしょう。

室内に植物があると目にやさしいし、空気もきれいになるし育てやすいとまさにいいことづくめです。
がーでにんぐをするのに時間があまりかからなくて良いというのも魅力といえるでしょう。
雨露や光の調節もしやすいので、誰でも簡単に室内がーでにんぐを楽しむことができます。

また、冬は庭では寒くて育てられないという植物も、室内では簡単に育てることができます。
きちんと日の当たるところで水をやれば、植物は育ちます。
まずは鉢植えに花を一つ育てることから始めてはいかがでしょうか。
テラコッタのような鉢に大きなラテンサポテンをいれて、部屋で楽しむのもいいでしょう。

どのような植物が室内で育てやすいかは、花屋さんか園芸店の店員さんに聞いてみるといいと思います。
親切な人にあたれば、丁寧にこたえてくれます。
また、インターネットで調べるという手もありますね。
ブログ等で花の育て方を書いている人もいるので、そういうのを参考にすると、がーでにんぐの成功率も上がるでしょう。

アンティークがーでにんぐ

自分の家の庭を華やかなものにしたいから、がーでにんぐでもやろうかなと考えてことはありませんか。
でも自分でやるのは難しそうだし、結局は夢のままで終わってしまうという人もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、がーでにんぐというものはそんなに難しいものではありません。
花を1つ育てるのもがーでにんぐですし、可愛い小物をおいてみたりするのもがーでにんぐなのです。
あなたもちょっと勇気をだして、がーでにんぐを始めてみませんか。

ナチュラル感が出せる木製の商品はとても人気です。
中でもアンティークは使いこまれていて深みや味が出ているので、見る人の心を和ませます。
でも、本物のアンティークを使うとなると値段も高いし、勇気が入ると思います。
そういう時は、古い木材をを使用したアンティーク調の小物や小さい家具を取り入れてみてはいかがでしょうか。
これなら値段も手頃ですので安心して使用できると思います。
温かみのあるスペースを木の持つ落ち着いた色と、淡い色調の緑や白を使って演出するのもいいでしょう。

アンティーク調の木材はいい具合に古い物ですので、木の状態はまさに「古材」という感じで、虫食いの跡があったり、カケがあったりもします。
古い瓶などを隣におけば雰囲気が出るのではないでしょうか。
アンティーク調の家具などを選ぶ際は味のある状態がどうか、またキチンと使用できるかどうかを確認しなければいけません。
せっかく買ったものでも、がたついてものが置けない状態だったらどうにもなりません。

また、アンティーク風のがーでにんぐを目指すなら、天使や女神も像をおくのもいいと思います。
それらがあるとよりヨーロッパ調のアンティークな雰囲気が出ると思います。
ホームセンターの園芸コーナーにも売っていると思うので、一度足を運んでください。
クラシックな風合いのアンティークがーでにんぐ用品はあなたのお庭のアクセントになることでしょう。
自分のセンスで設置して、素敵なアンティークガーデンにしてください。

ベランダがーでにんぐ

ベランダがーでにんぐの初心者の方は、まず何をすれば良いか迷いますよね。

とは言え、最初から難しい事をする必要は全然ありません。
そんなことをすると、挫折してしまいます。

折角楽しむためにベランダがーでにんぐをしようと思っているのに、
これでは本末転倒です。

まずは簡単に育てられる花を選ぶところから入ることをおすすめします。

ハーブは手軽に育てられ、また、結構丈夫です。
ですので、手入れが楽で、初心者の方にもベテランの方にも、大変人気があるんです。

他にも、初心者の方は、まず、小さなお花畑を作ってみてはいかがでしょうか。

ベランダがーでにんぐは最初から大きなお花畑を作るのではなく、てまずは小さなところから始めま
しょうね。そういった意味ではハーブは最適なんです。

そして、慣れてきたら、いよいよ自分の好きな花、気になっている花、
飼育の難しい花などを育てれば良いのです。


それでも、初心者の方は最初に何をしたら良いか悩んでしまうものなので、
既にベランダがーでにんぐをしている人に教えてもらうのもよいでしょう。

やはり、知っている人がいるのといないのとでは、
学習のスピードに雲泥の差があります。

そのために、カルチャーセンターに通うのも良いでしょう。
カルチャーセンターの良いところは、同じがーでにんぐ仲間が出来ると言う事です。

気の会う新しい友人ができるので、気分一新できるのも魅力の一つ。
      
まずは初心者の方は楽しんでベランダがーでにんぐを楽しみましょうね。

ルーフバルコニーでのがーでにんぐ

建物が上の階になるほど階段上に引っ込んでいるマンションで、上階住戸が下階住戸の屋上をバルコニーとして使えるようにしているタイプをルーフバルコニーといいます。
分譲マンションなどの区分所有建築物では、バルコニーは共用部分にあたります。そのため、専用的に住戸の居住者が使用できますが、物置を置いたり、改造を加えたりしてはいけないそうです。

広い空間を一般のバルコニーに比べて確保することができるので、開放感や日当たりに優れていることが多く、がーでにんぐやパーティースペースに使用したり、アウトドアリビングとして利用することも可能です。
しかし下が住戸になっている場合が多いので、使用する時は音への配慮が必要です。
また、がーでにんぐに利用する場合は、排水口のドレーンの清掃などにも注意する必要です。こういう場所でがーでにんぐすることを「ルーフテラス」と呼ぶこともあるそうです。

ただし防水面が劣化して、下階へ水漏れが起こるおそれがあったり、排水口が詰まって水はけが悪くなったりする可能性があるため、砂利を直接撒いたり、人工芝を敷いたりして庭園を作ることは禁止されているところもあるそうです。
ルーフバルコニーでがーでにんぐを楽しみたいという方は、そこががーでにんぐをしてもいいマンションかどうかを確認してから入居するようにしましょう。

ルーフバルコニーでがーでにんぐすることはとてもきれいだと思いますし、大きくいえば地球環境を助けることにもつながります。
まずは一つの花を育てることからはじめてみてはいかがでしょうか。

がーでにんぐグッズ「トレリス」

「トレリス」はハンギングに欠かせないがーでにんぐグッズです。
トレリスは「格子」という意味で、格子を方形にしたものは和の雰囲気、斜めに組んだものは洋の雰囲気を醸し出してくれます。
コンテナ地面に差し込んでつる性の植物を這わせたり、壁に取り付けてハンギングバスケットを楽しんだりと使い方は様々です。

ハンギングをトレリスを壁に設置して楽しんでみましょう。
ハンギングを作るときは、ボリューム感の出やすい、コンテナの下部に垂れ下がる性質がある植物を選ぶことがポイントです。
ブラキカム、ツルニチニチソウ、アイビー、ヘリクリサム、アイビーゼラニウムなどがいいと思います。

コンテナの上部にはビオラやパンジーなどがボリューム感が出やすくて丸く盛り上がってるのでおすすめです。

できるだけ重量を軽くすることがトレリスに飾るハンギングのポイントです。ハンギング用の土がホームセンターなどで市販されているので利用するのもいいと思います。
次にハンギング用の鉢、用土、フェルトの繊維を準備します。
それから鉢に繊維を入れ植えるための植物の穴を、鉢の下部に開けます。
そして苗をポットから出して、少し土を落としましょう。
それから紙に巻いて、繊維のすきまから差し込みます。 これは根を傷めないように植えるためだそうです。
その後は巻いた紙を鉢の内側に出た根から外します。
次に鉢の中に用土を入れ、植物を上部に植え付けていきます。 出来上がったら、トレリスに設置していきましょう。
ハンギングをすると土が乾きやすくなりがちなので、水やりのタイミングには注意して、トレリスと使ったがーでにんぐを楽しんでください。
ちょっとした工夫でがーでにんぐはより楽しく、華やかなものになります。

屋上がーでにんぐ

がーでにんぐを戸建ての庭で楽しんでいる人たちに加え、個人レベルでは、マンションや集合住宅等の人口が増えていることにより、バルコニーやベランダでがーでにんぐをする人の需要が急速に高まっているそうです。
また、地方自治体レベルや国のでは、ビル屋上への緑化がヒートアイランド現象対策の一つとして称えられています。
屋上緑化は、植物のCO2消費作用や植物の蒸散作用による気温の低下等を利用し、温暖化現象の解決を 地球規模での期待するものの一つです。
近年、大都市では個人のバルコニーやベランダ等への緑化に対する期待も、ビルの屋上に加え増えているそうです。

こうした流れの中で、屋上やバルコニー、ベランダなど特殊空間でのがーでにんぐの技術や手法の確立は遅れていて、今までの技術や手法を用いてがーでにんぐや施工を行っていたので、年月と共に建物のトラブルや影響が増加しているそうです。
特に集合住宅やマンション、ビルなどはトラブルの原因を究明することが困難で、予想していなかった問題点が次々に浮上し、特殊空間での緑化の難しさが浮き彫りになっているそうです。

「プランティング ファーニチャー」の開発には、NHK「趣味の園芸」の講師やテキスト 連載や、2004年の国際園芸博覧会『パシフィックフローラ 2004「浜名湖花博」』の「モネの庭」を設計、施工、管理したことでも有名な玉崎弘志氏がアドバイザーとして、長年のベランダや屋上等の現場経験を通して参加しました。
中心メンバーをRHSJ(英国王立園芸協会日本支部)コンテナがーでにんぐマスターとして、従来のバルコニーやベランダにおけるがーでにんぐの問題点を解決しながら、マンション等に住む側と提供する側の双方が、 がーでにんぐライフを特殊な空間でより安全で楽しく行うお手伝いをしたいという考えから開発したそうです。


がーでにんぐとは。

がーでにんぐとは、ベランダや庭に植物や花を育てることです。
そこから植物の育つ姿を見ることができますし、花や植物があると蝶などの虫たちも集まってきますので自然と共に生きている感じがします。
そういった素敵な庭造りをすることができるのでがーでにんぐは年配の方に人気があります。

では、がーでにんぐの計画を立ててみましょう。
がーでにんぐを始めるには、植物が元気に育つ環境を整えてあげる心構えが大切です。ベランダや庭の条件を考えて行いましょう。
日当たり、風の入り口、水はけ、またリビングからの眺めなどを想像します。夢を先に描くことが成功の秘訣です。

がーでにんぐを始めると毎日が忙しいものになります。
水やり、土の手入れ、虫の駆除、肥料のこと、日当たりのことなど、子ども育てと同じなのではないでしょうか。
植物は正直なので、手を抜いたら枯れてしまいますので気が抜けません。
判らないことが一杯で、お店や人に聞いたり、本で調べます。
愛情を注いであげることが何よりの栄養です。

このがーでにんぐは、趣味であると同時に医療でもあるそうです。
花は愛情を注げば、それに応えてくれます。咲いた時の喜び、育てる楽しみ、そして人の和も広がります。
がーでにんぐは癒しを与えてくれます。
植物を育て、植物に育てられるという関係が、医療としてのがーでにんぐの効果をもたらします。

昔から家庭菜園というものがあり、かつて「年寄り臭い趣味」とされ敬遠されることもありました。
最近は粋な趣味として、若い女性を中心に見直されつつあるようです。
古典園芸植物や盆栽、マニアックな園芸植物などは今でも芸術的、芸道的な傾向を強く保持しています。
これを全面的に家庭園芸に含ませることはできないのが現実です。
また一括りに趣味園芸とすることも難しいようです。


がーでにんぐのデザイン

日本でオーストラリアン・がーでにんぐをやろうとした時に、庭の広さももちろん問題ですが、一番の問題は気候でしょう。
日本には夏の蒸し暑さと、冬の寒さがあります。特に冬の寒さについては、がーでにんぐデザイン上は露地で越冬できるかどうかが重要です。
日本で販売しているほとんどのオーストラリアの植物は「冬は日当たりの良い、屋内で…」と記されているようです。

オーストラリアン・がーでにんぐを目指す時にオーストラリアンプランツを用いるのは当然のことです。
しかし、オーストラリアの枕木やレンガ、バーク(木の皮)がプランツ以上に日本のがーでにんぐマーケットでも高いシェアーを占めていることをご存じですか。
今やどこのがーでにんぐショップでも、それらのがーでにんぐ資材は入手出来るほど人気で価格も手頃なものになっています。しかし、オーストラリア現地価格の数倍はします。
現地のHPを見ると、レンガは1000個で5万円程度で購入できます。
日本の価格も、もう少し安くなると嬉しいですね。

桜の枝の地肌とオーストラリアレンガがとても合うそうです。
レンガの間に切り落とした桜の枝を埋め込みアクセントにするとお洒落だそうです。
また全体の深みが増すためには、レンガは所々に濃い色を使うとよいと言われています。

小さい鉢が増えていくと、どうしてもごちゃごちゃしてしまい、統一感のない雰囲気になりがちです。
そういう時はバークを一面に敷き詰めると、全体の統一感と自然な雰囲気を保たせることができます。

デザインがーでにんぐは、あなたのセンスを存分に活かせる場所でもあります。
あなたの思い通りのデザインで、素敵な庭をデザインしてください。

ベランダがーでにんぐと室内がーでにんぐ

少し前まで、花と言えばお店で買うものでしたが、近年はがーでにんぐブームによって自分で育てるものに変わってきたようです。。
「がーでにんぐ」と言うのはいわゆる造語で、英語で「庭」を意味する「gerden」に、進行形の「ing」を付け足したものです。
庭造りという感覚ではないでしょうか。

がーでにんぐには、庭造りの名のとおり様々なタイプがあります。
花壇を1つ庭先に作って花を育てるのも、箱庭や、柵や、レンガブロックで造形し、色々な植物を飾るものも同じがーでにんぐです。

「うちには庭がないから…」とがーでにんぐを諦めている方はいませんか。
がーでにんぐは庭がなくても楽しむことができます。
室内がーでにんぐ、ベランダがーでにんぐという言葉があるのですから室内やベランダでももちろん楽しめますし、がーでにんぐにはさまざまな形態があります。
室内やベランダでもできるのですから、がーでにんぐが出来ない人はいないのではないでしょうか。

サボテン1つ育ててみるもがーでにんぐなのです。
まずは、一つの花を育てることから始めてみませんか。
花の育っていく時の楽しさや、花が咲いたときの感動を覚えると、がーでにんぐが楽しくなってくるでしょう。

最初は花だけだったものが、鉢も、お洒落な物を探すようになったり、寄せ植えをしたり、がーでにんぐのコーナーを作ってみたりとどんどんハマっていき、色々と楽しみが増えていくのではないでしょうか。

あなたも、一つの花から育ててみませんか?
苗を買って育てれば、種から買って芽が出なかったということがなく、成功度も増すでしょう。

がーでにんぐは、皆さんが考えるより簡単で、楽しいものです。
土の水の状態を朝と晩にみてあげるだけで大丈夫です。
皆さんも気軽にがーでにんぐを始めてみてはいかがでしょうか。

がーでにんぐ雑誌

がーでにんぐと聞くと、雑誌のグラビアや映画などに出てくるような整然としたイングリシュガーデンをイメージするのではないでしょうか。
しかし、イングリッシュガーデンの本場であるイギリスでも、窓の下や玄関アプローチなど、日本の庭ような小さい場所で庭づくりを楽しんでいる人も沢山います。

がーでにんぐのひとつとして、塀や建物につる植物を這わせるのも定着しているそうです。
がーでにんぐをするときには、暮らしに潤いを与えてくれるスペースづくりを心がけることが大切です。
そのために、緑のパワーや季節の花を味方につけます。
住む人のセンスを思わせるスペースを演出でき、通りすがりの人や訪れる人の心を和ませることができればいいですね。

がーでにんぐをいきなりするは抵抗があるという人は、がーでにんぐ雑誌を買って、頭の中でがーでにんぐを楽しむという手があります。
がーでにんぐの雑誌はマイガーデン、ビズ、ガーデン&ガーデン等があります。
素敵なガーデンがたくさん載っているので、ベランダしかない方でも草花を育てたいと思ってしまう雑誌です。
今まで自己流でがーでにんぐをしていた方も、がーでにんぐ雑誌を読むことで知識が深まり、失敗ばかりしていた方も素敵な庭を作ることができるでしょう。
また、ページレイアウトや取り扱う内容もスタイリッシュでおしゃれなので、ただ飾っておくだけでも素敵だと思います。

近くの本屋で買うことができなかった場合は、インターネットを利用して購入するか、定期購読をするといいでしょう。
インターネットで買うと、安く入手できるかもしれませんし、定期購読はいちいち雑誌を注文することがないので便利です。

ナチュラルがーでにんぐ

がーでにんぐは、草花で庭を美しく演出し、大切に育てていくものです。
フランス風のフォーマルな庭、イギリス風のナチュラルな庭に、ハンギングやコンテナガーデンなど、コ−ディネート方法は様々です。

がーでにんぐの魅力の一つに、庭の広さに合わせてコ−ディネートが楽しめるというのがあると思います。
手軽にできるハンギングやコンテナの寄せ植え、ベランダなどの狭いスペースでも楽しめるベランダがーでにんぐなど色々あります。
素敵なコーディネートをして、あなたらしい庭を造ってみましょう。

手作りをするのが好きな人は、ナチュラルがーでにんぐのウォールを作ってみてはいかがでしょうか。
作り方は、長さ180cmの杉板と、添え木用に杉角柱を180cm買ってきます。その際ホームセンターで半分に切ってもらってください。
それをくぎで添え木に打ち付けただけで簡単にウォールが完成します。
余った木は棚にして取り付けましょう。

白い色のペンキと防腐剤をさっと塗ります。
しっかりべた塗りしてしまうとナチュラル感が薄れるので気をつけましょう。

使い古しのジョーロやお気に入りの雑貨等を、小さなグリーンを植えたりS字フックで下げたりすれば完成です。

ゆっくり出来る時にはテーブルを出してティータイムはいかがでしょうか。
忙しい日々を忘れてそこで紅茶などを飲んだら、リラックス出来ると思います。
また、ターフにすだれを使うと日差しの透け感がいい味出してのもいいでしょう。
ナチュラルがーでにんぐをして、リラックスした空間を作り、癒されてみませんか。



がーでにんぐ〜グランドカバーについて〜

グランドカバープランツとは文字通り地面を這う植物のことで、地被植物とも
呼ばれています。
一方、壁面やフェンスを這う植物も総称してグランドカバーと呼ばれています。

花の根元部分や木の根元にグランドカバーの植物を植えることで雑草の予防にもなりますし、花木をより引き立たせる効果もあります。
それとは逆に、グランドカバーで花壇を被い尽くすことでも美しく魅せられます。
グランドカバーを使ってがーでにんぐをすると、あなたの庭もより華やかなものになるでしょう。

和風庭園などで良く目するタマリュウは、耐暑性もあり育てやすいですし、年中濃い緑色をした植物でグランドカバーです。

芝生は、皆さんががーでにんぐで使用するグランドカバーと言えば、まず思い浮かべる植物なのではないでしょうか。
芝生には日本芝と西洋芝があり、年中緑色をしている西洋芝はがーでにんぐファンの中でもとても人気があります。
ただ、芝生の密度が弱いので、高温多湿の日本の気候にはあまり適さないようです。
日本芝は野芝と高麗芝という種類があります。
高麗芝が庭のグランドカバーで使われる一般的なものです。
日本芝は横にどんどん伸びて行く性質ですので、グランドカバーの役割をしっかり果たします。

モッコウ薔薇は薔薇科なのに棘がありません。つる科なのでアーチやフェンスを這わすのに最適なグランドカバーです。
3センチ程度の八重咲の花で、白と黄色の花種があります。
丈夫な性質ですが、アブラムシ等の害虫が付きやすいので、沢山の花を咲かせるためには定期的な剪定や薬剤散布をすることが大切です。
また、挿し木が可能なので、株を増やしていくことも出来るそうです。
ナイロン等で乾かないようにカバーをして梅雨時に日陰で挿し木をし、着くまでおいておきましょう。

ローズマリーは常緑性低木でシソ科の植物で、匍匐性と立性に分かれます。
ハーブとして肉料理に使われているのは皆さんご存知だと思います。
鶏肉の香り付けに最適です。
また、健康面でも正常な細胞がガン化するのを防いだり、記憶力の低下を防いだり、するとも言われているそうです。
枝先が木質化する前に剪定するのがローズマリーの管理法です。
切ったものは料理に使いましょう。
がーでにんぐに使う植物が、料理にも使えるというのはお得感があって、主婦の方にはいいのではないでしょうか。

がーでにんぐのラティス

「ラティス」って言葉を聞いたことがありますか。ラティスは「柵」の正式名称だそうです。英語表記は「lattice」で、意味は「格子」です。

エクステリア・がーでにんぐ製品は、設置が楽なものが多いということや、ある程度の組み立てがしてあるというのが最近の特徴です。
男性だけではなく、女性からの需要が高いことこういう理由があるのでしょう。
また、ウッドデッキ等の大掛かりなものに関しては、有料ですが施工サービスがあったり、施工説明書がついていたりと各ショップごとに工夫をこらしています。

中国製などの安価なラティスが大量に販売されていることと、近年のがーでにんぐブームの影響がブームを後押しているのではないでしょうか。
1枚980円位から入手することができるそうです。

インターネットでがーでにんぐ関連のホームページをを調べてみますと、麻雀ファンでいうところの「メンタンピン」と同じくらい、ラティスはがーでにんぐ愛好者の間では常識とされる商品なのだそうです。

ラティスとは木や金属を格子状に組み合わせたもので、鉢を吊り下げたりつる状植物を絡めたりして使う園芸の商品です。
ラティスはがーでにんぐになくては始まらないほどの基本アイテムといってもいいでしょう。

逆に言うとラティスさえ使えば、初心者でもがーでにんぐらしくまとめることのできるお手軽アイテムです。
しかし、そういう理由だけでがーでにんぐとするのはちょっと悲しいと思います。
現在の状況は、値段の手軽さが手伝ってがーでにんぐファン以外をも巻き込んでいると言えるでしょう。



がーでにんぐのシンボルツリー

庭をスッキリと見せ、メリハリをつける方法のひとつとして、シンボルツリーを置くというがーでにんぐ法があります。
あなたの庭にシンボルツリーとして、大きな木を1本植えちゃいましょう。と言いたいところですが、そうも行きませんね。
それでも、少し大きな木を庭に据えることで、庭全体が締まった印象になりますし、まわりに植えられた植木や花を引き立たせる効果は絶大なるものです。

落葉樹はシンボルツリーにぴったりではないでしょうか。
落葉樹は花、新芽、紅葉、冬は樹形と、季節ごとに表情が変わるので、四季の変化が楽しめます。
シイボルツリーとして代表的な木が「シャラ」です。
これは、庭木の定番とも言える木で、手間がほとんどかからないのが魅力です。
常緑樹でも、3本ほどまとめて「樫(かし)」などを植えると圧迫感も少なく、「森林っぽい」雰囲気を出せて素敵です。

美しく見せるためのもっともオーソドックスな庭の演出法は、手前に植える草花を低く、奥に植える草木を高いものにすることです。

また塀や壁の前に造る花壇は、手前・中間・奥と三段階くらいに分けると綺麗に見えて良いと思います。
円形の花壇などは四方から見えるので、周辺を低く、中央を高くするのが基本となっています。

まず、宿根草を植えてみたらいかがでしょうか。
宿根草は一度植えたら毎年手入れをしなくても育ってくれるものです。
宿根草にも、春に咲くものや秋に咲くものなど、種類が色々あります。
一年中綺麗な庭を楽しむために、上手く組み合わせて植えましょう。

がーでにんぐはちょっとした工夫で印象が変わってきます。
皆さんもがーでにんぐをするときは、一工夫を加えてみてください。

がーでにんぐの雑貨

がーでにんぐとは、コンテナや庭、バルコニーやベランダのプランターなどに樹木や花などの植物を植えて育てたり、家庭菜園をして収穫したり、それを食べて楽しむ生活スタイルのことです。

「庭いじり」や「家庭菜園」という言葉で呼ばれていたものが「がーでにんぐ」と呼ばれるようになり、1997年には流行語大賞を受賞するほど急速に社会に定着しました。
がーでにんぐに使う雑貨もデザインも豊富に取りそろえられていますし、年齢を問わずにがーでにんぐを楽しむ人は増えているそうです。

がーでにんぐは、庭のインテリアという意味で、単に植物を育てるだけではありません。
なので、外国製のテラコッタをはじめ、植物にあったプランターをと見た目もよく、耐久性の良いものが人気です。
がーでにんぐをより楽しいものにしたいなら、がーでにんぐ雑貨にこだわるのもいいかもしれません。


がーでにんぐ雑貨は、ロンドンやニューヨークなどの大会社が市場に名乗りをあげ、今やデザイン製と機能性を兼ね備えたものが多く出回っています。
例えばジョウロはバケツをはじめとして、ガーデンブーツ、エプロン、グローブなど、がーでにんぐ雑貨はカラーバリエーションも豊富でお洒落なものが沢山あり、どれを買ったらいいか悩むほどです。
がーでにんぐ雑貨は、他にも陶器製のキャラクター付き植木鉢や、ガーデンライト、アンティーク調のチェアやランタン、オーナメントにプレート、アイアンドアベル等色々あり、がーでにんぐに必要な道具だけにとどまりません。

色々ありすぎて悩んでしまうかもしれませんが、カントリー雑貨風にするとか、インテリアと調和のとれたものにしても楽しいでしょう。


がーでにんぐグッズを通販で。

がーでにんぐをした時はがーでにんぐ用品を扱っているホームセンターや園芸店に行って、欲しかった植物を見つけることが多いと思います。
しかし、1日にそういうお店を何軒もまわれないという方は、ネット通販を利用してはいかがでしょうか。

クレマチスやバラ、ハーブ、クリスマスローズ、がーでにんぐグッズなどがーでにんぐ用の花の取り扱いを行っているサイトが増えてきました。
しかも、がーでにんぐをする時に、重くてとても負担になる土や肥料までネット通販で買えるのでとっても便利です。

夜や暇な時間にがーでにんぐ用品をゆっくり品定めすることができますし、ネット通販だと1日に何軒でもがーでにんぐ店を回ることができるのが魅力的です。
頭の中でがーでにんぐしているところを考えるだけでも楽しくなってきますね。
苗やがーでにんぐ用品を共同購入すると送料が無料になったり安くなったりするのでかなりお安く購入することも可能です。
品揃えが豊富な百円ショップ。売ってないものはないんじゃないかと思うくらいですよね。
がーでにんぐ用品ももいろいろ売ってるので、チェックしてみましょう。
シャベルやミニスコップのセットは可愛いのでガーデンアクセサリーとして
並べておくのもいいですね。

ブリキの雑貨もがーでにんぐグッズではありませんが、百円で売っています。
ブリキのミニジョーロやミニバケツは、釘で底に穴をあけてミニプランターとして使えます。
アクリル絵の具で塗るとオリジナルがーでにんぐセットになります。
銀色のままでもいいですが、自分らしさが出るのがいいですね。
自分だけのロゴをいれても可愛いと思います。
アクリル絵の具ももちろん百円ショップで売ってますので、ぜひ挑戦してみてください。

趣味のがーでにんぐについてブログを書こう。

皆さんはブログを書いたことはありますか。
ブログって最近話題だし、書いてみたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
でも普段の生活は毎日変わり映えしないし、書くことがないという方も多いはず。
そういう方は、自分の趣味のことを書いてみてはいかがでしょうか。

例えばがーでにんぐが趣味だという方は、今どんな花を育てているか、がーでにんぐ歴はどれくらいか、がーでにんぐを始めるきっかけとなったこと等から書いてみるといいでしょう。
その植物の様子を写真にとって載せると、より楽しいブログになります。

いきなりブログを書くのは難しそうという人は、他の人が書いているブログをのぞいてみましょう。
「がーでにんぐ ブログ」で検索すると、がーでにんぐに関するブログが沢山出てきます。
そのブログを読めば、他の人がどんな風にがーでにんぐをしているか、オススメのグッズは何かなどが分かると思います。
同じ趣味を持っている人なので、話も合うと思いますし、コメントを残してあげると、ブログを書いた人も喜ぶでしょう。
他の人のサイトを見ると、ブログを書くことはそんなに大変なことではないとわかるのではないでしょうか。

趣味のブログを書くと、同じ趣味の人とインターネット上で交流が持てますし、一人で作業をしている感じがしなくて楽しいと思います。
お互いのがーでにんぐの技術を向上させることもできますし、綺麗に手入れした花や庭を、遠い地区に住んでいる人にも見てもらうことができるのは本当に嬉しいことでしょう。
ブログを通じて、生涯の友達を見つけることができるかもしれません。

このように、ブログを書くと楽しいことが沢山あります。
最初の一歩を踏み出すのは勇気が必要ですが、その一歩を踏み出すと楽しいことが待っています。
ブログをやろうかどうか悩んでいる方は、ぜひやってみてはいかがでしょうか。


ベランダがーでにんぐの施工例

ベランダがーでにんぐに憧れる人は結構多いのではないでしょうか。
広い庭はないという方や、ベランダでがーでにんぐしたら華やかになりそうと思っている方にはいいと思います。
これから、ベランダがーでにんぐの施工例をご紹介します。

第一にベランダのままにしておく部分とがーでにんぐする部分を確定します。
保護・流砂防止シートをベランダ床面緑化の範囲全面に、両面テープを使って敷きつめ、固定します。
その後に、シートから保水板固定金具の釘の部分を突き出させて、釘の周りの穴は接着材で塞ぎます。
こうすると、保水板固定金具の釘がシートの上に突き出ますので、小さいお子さんがいる家庭は踏まないように気を付けてください。
それから、シートを天端部分まで見切り材ブロック側面に沿って立ち上げて、両面テープで固定します。
その時に150mm以上保護シートの繋ぎ部分を重ね、膨らみやねじれができないように注意して貼ってください。

第二に防水・防根対策を確実にしましょう。
やり方は上に書いた方法と同じですので、そちらを参考にしてください。

第三に緑化基面の設置を確実にします。
排・保水板を見切り材ブロックの繋ぎ目に合わせて配置し、固定金具の釘を排・保水板に上から押さえつけるようにして、食い込ませます。
次に、全て敷きつめた後に、目地材で排・保水板の繋ぎ目を隙間を埋めます。客土が隙間から流出しないように目地剤は充填しますので、間を空けないように注入するようにしましょう。
それから、接着材を見切り材ブロックの天端に塗り、上から笠置で押さえつけます。
目地剤が乾きましたら、たっぷりと散水して充分保水させ、排水状況を確認しましょう。

それが終われば完成です。
直接土壌を整った緑化基面の上に敷きならして、植物を植えつけます。
土壌の厚さは、二段部で15cm、見切り材一段部で5cmが目安となっています。
客土には、保肥性と軽量化を考慮した人工土壌をしようすることをお勧めします。

読むと少し難しく見えるかもしれませんが、がーでにんぐは楽しむものです。
書いたものはあくまで施工例ですので、みなさんのやりやすいように施工して、ベランダがーでにんぐを楽しんでください。


  • キャッシング・ローン・クレジットカード・消費者金融比較ネット
  • おまとめ一本化ローン・複数会社一括ローン・借入おまとめローン比較お申込み
  • VISA・Mastercard・JCB・アメリカンエキスプレスカードお申込み
  • キャッシング・カードローン・消費者金融比較!
  • 銀行系キャッシングカードローン会社
  • 安心キャッシングカードローン消費者金融会社
  • ビジネスローン・不動産担保ローン
  • 消費者金融キャッシング・カードローン
  • ネットキャッシング・カードローン・消費者金融
  • 女性専用キャッシング・レディースローン
  • おまとめ一本化ローン・複数会社一括ローン
  • 学生専用キャッシング・学生専用ローン
  • クレジットカード会社
  • 即日キャッシング即日融資のネットキャッシング、即日融資ローン、消費者金融比較申込
  • 融資会社比較!優良融資会社が見つかります!
  • 【モビット】お申込み 株式会社三菱東京UFJ銀行系カードローン【モビット】キャッシングお申込み
  • 【プロミス】お申込み 株式会社三井住友銀行系キャッシング消費者金融【プロミス】お申込み
  • 【アットローン】お申込み 株式会社三井住友銀行系キャッシング【アットローン】のカードローンお申込み
  • 【DCキャッシュワン】お申込み 株式会社三菱東京UFJ銀行系カードローン【DCキャッシュワン】お申込み
  • 【ノーローン】お申込み 新生銀行グループ株式会社シンキ1週間無利息消費者金融【ノーローン】お申込み
  • 【楽天マイワン】お申込み 楽天KCクレジット株式会社カードローン【マイワン】キャッシング比較お申込み
  • 【オリックスVIPローンカード】お申込み オリックスクレジット株式会社カード【オリックスVIPローンカード】
  • 【JCB ファーストローンプラス】お申込み 株式会社JCBカードローン【JCB ファーストローンプラス】申込
  • 【イコールクレジット】お申込み SBIイコールクレジット株式会社のカードローン【SBIイコールクレジット】申込
  • 【ライフプレイカード】お申込み 株式会社ライフ(lifecard)ライフカードのキャッシング【ライフプレイカード】
  • 【アコム】お申込み アコム株式会社の消費者金融キャッシング【アコム】の金利・審査・申込詳細
  • 【プリーバ】お申込み 株式会社プリーバの消費者金融ネット系キャッシング【プリーバ】ネットローン審査・申込
  • 【武富士】お申込み 株式会社武富士の消費者金融キャッシング¥enショップ【武富士】カード申込
  • 【三洋信販】ホームページ【三洋信販】株式会社消費者金融ポケットバンク
  • 【ポケットバンク】三洋信販株式会社の消費者金融ポケットバンクキャッシングご利用法
  • 消費者金融金利比較!消費者金融金利を比べてお申込み!
  • 金借りる方法!お金借りる前に知っておきたいこと!
  • 銀行金利比較!銀行金利比較で安心預金・ローン!
  • カードローンランキング!カードローンを比較!人気カードローンランキング!
  • キャッシング借りる!お得な低金利・即日融資・無利息キャッシングを借りる方法!
  • 消費者金融借りれる!アルバイト、パート(主婦)、自営業の方も消費者金融借りれる!
  • 主婦借りれる!主婦(パート)も借りれるローン、キャッシング、消費者金融!
  • クレジットキャッシング!キャッシングクレジットカード!クレジットカードキャッシング!
  • ローンキャッシング!ネットで即日ローンキャッシングカード比較申込!
  • キャッシング金利!キャッシング金利比較!
  • 消費者金融審査!消費者金融審査比較!
  • 限度額比較!キャッシング・クレジットカード・カードローン限度額比較!

  • 総合リンク集 Link Station
    経営
    インターネットサイト集 CRANE
    SEO対策 KEN SEO 勉強会
    SEO対策 KenNavi
    お役立ちサイト集

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。